smile☆smile☆smile


HCMという病と戦ったTINAと太陽の様に明るく元気をくれたANN、仲良しニャンズとの楽しかった生活と悲しい別れ。そして・・・ROCKYと一緒にもう一度笑顔で頑張ろうね。
by momotina
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
エキサイト外リンク

さよなら Godfather of Soul

ソウルミュージックのゴッドファーザー、ジェームス・ブラウン氏が25日 肺炎で亡くなった。
夕方のTVのニュースをアイロンがけをしながら見ていて、あまりのショックで固まり
危うく黒こげにしてしまう所だった。そしてたまらず相方さんに電話してしまった。

ジェームス・ブラウンは私にとって神様的存在でした。
70年代産まれの私が、なぜか生まれた当時大ヒットしていた70'sソウルミュージックにはまってしまったのは、中学生の時でした。
小学生の頃から(きっと兄の影響かと思うが)洋楽ばかり聴いていて、初めて自分のお小遣いで買ったアルバムはホイットニー・ヒューストンでした。
兄はビートルズにはまり、けど私は何か違う気がして・・・
たまたまラジオを聴いていて流れていた曲を聞いて雷が落ちてきた気がした。
その時の曲が「SEX MACHINE」 それ以来J・Bの曲を聴きまくり、ソウルミュージックにはまりました。
J・Bだけでなく、もっと甘々系ソウル(スタイリスティクスやブルーマジック・・・)や、アース・ウインド&ファイヤー・・・80’sや90’sに流行ったブラックコンテンポラリーなど、ロック系の兄の聞く音楽にどうにもなじめなかった時にJ・Bに出会えて、自分がブラック、ソウル系の音楽が心地良く気持ちよくいられると気付かせてくれました。
そして 出産まで音楽関係の仕事につき頑張れたのは、
中学生のあの時 ラジオから流れるJ・Bの音楽に出会えたからです。

12月25日 クリスマス☆ キリスト様がお生まれになった日に逝ってしまうなんて・・・・かっこよすぎやで。
今夜は相方が帰ってきたら、昔よく一緒に行ったソウルバーを思い出して、彼の曲をを聞きながら飲もっと。
私も相方さんも明日も仕事だけど・・・。
息子は風邪を引いて熱を出してるけど・・・。
私も相変わらず風邪が治らないけど・・・。         今夜は、チョットだけ飲もっと。
 
       さよなら ジェームス・ブラウン。  ありがとう ジェームス・ブラウン。
[PR]
by momotina | 2006-12-25 19:11 | 日記
<< も~いくつ寝ると♪ 病院に行きました >>


検索
ライフログ
最新のトラックバック
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧