smile☆smile☆smile


HCMという病と戦ったTINAと太陽の様に明るく元気をくれたANN、仲良しニャンズとの楽しかった生活と悲しい別れ。そして・・・ROCKYと一緒にもう一度笑顔で頑張ろうね。
by momotina
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
エキサイト外リンク

あれから・・・

みなさん、あたたかいお言葉、本当に本当にありがとうございます。
本来であれば、お一人お一人の方にお返事するべきなんですが、
ごめんなさいね、心が復活するまで・・・・・ お待ちくださいませ。

あれからどれくらいたったんだろう。
半袖の服であの子達を送ってから 気が付けばコートを着る季節になっていました。
あの子達の居ない一日はとっても長く、家に居ることが苦痛で、
仕事が終わってもなかなか帰れない毎日。
「少し元気になってきたね。」 と 言われるが、
本当に身近な人は全然心が壊れたままだという事をわかっています。
「病院行こうか・・・」 相方さんに言われました。
あれから-5㎏、確かに見た目もやつれた。
けど相方さんが言う病院とは、心の方みたい。

不安症候群とでも言うのかな? 色んな事が不安で、怖くて、苦しくなる。
ずっとその状態が治らない。
そして 以前よりはマシにはなっている様だが、
相方さんの声はほとんど聞こえてこない事が多い毎日。
先日デパートに行き、買う物が決まっていたので 目の前で車から降ろしてもらい、
相方さんには車で待機待してもらっていた時の事。
その日は休日で 街も凄い人だった。 車に乗って行き交う人を見ている時から 
「何で今日はこんなに沢山人が居るん?」 と ドキドキ不安になっていた。
デパートの中もすれ違うのも大変なくらいの人出で、怖くて怖くて、
だんだんドキドキが酷くなり 息が苦しくなり過呼吸になった。
必死でなるべく周りを見ない様に出口まで向かっていったんだけど・・・・
直前で意識が遠のき その場にへたり込んでしまいました。
心優しい方が 「大丈夫ですか?」 と 声をかけて下さったんだけど、
その事が余計に怖く、必死で相方さんの待つ車へ走りこみました。
そして、その後は ・・・ 覚えてないんです。
相方さんいはく、はあはあ凄い呼吸でずっと泣いていたと。
そして、やっと呼吸が落ち着いたと思ったら、
いつもニャンズをお膝に乗せてナデナデしてた様にナデナデの手の動きをして、
ボーっと遠くを見ながら泣いていたらしい。
車に乗った所から・・・全然覚えていない。

相方さんも 「もう いい加減にしてくれー!」 って 思ってるんやろな。
セニョールも心配してるし、病院へ行ってみようかな とも思ったけど ・・・
他人の先生に 私の心の内を話すなんて絶対 嫌。 っていうか 出来ない。
ニャンズは私の唯一心から本心を話せる相手でした。
カウンセラーニャンズが居なくなって、ほっとする事が出来なくなり
私の心は壊れたまんまなんだろうか。

本当に苦しい毎日です。
[PR]
by momotina | 2008-12-13 07:08 | 日記
<< 願い事・・・ ありがとうございました >>


検索
ライフログ
最新のトラックバック
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧